カバー力のあるBBクリームで、気の抜けないシーンに活用

   2015/04/12

BBクリームでこんなにも肌の質感が違う

かつて女性が求めていたカバー力と、現在のBBクリームが実現しようとしているカバー力との差に、ちょっとびっくりしているこの頃です。

とりあえず、気になるシミやシワを隠してもらえればというのが、かつての女性の気持ちでしたが、今は時間軸も加わります。
朝のカバー力をそのまま持続させるパワーを、求める時代になりました。

また、カバーの方法も異なってきます。
毛穴とシミの無いつるんとしたツヤ肌、凸凹感のかけらもありません。
一方、よ~く見ると毛穴やシミは見えているけど、気にならなくさせる光乱反射のものは、ふっくらとし桃のような肌に見えます。

カバー力のあるBBクリームといえども、付けた後の肌質感、化粧持ちなどが、メーカーによって異なってきているのですね。
パールと花飾り
 

実は、カバー力とTPOのバランスを多くの女性は計算している

つけた時の華やかさをとるか、ナチュラルをとるか、スッピンのような健康肌にするか、BBクリームの使い分けができるようになってきました。
購入する側の女性とて、TPOによって肌質を変えたいと考えるようになります。

気の抜けない場の時は、崩れにくく、毛穴とシミを全く見せない、カバー力の高いBBクリームが優先でしょう?
特に、合コンやパーティなど、ここ一発勝負どころとなると、肌負担を度外視して、完璧なツヤ肌を目指すかもしれません。

フレンドリーに付き合いたい近所の奥さんとの井戸端会議では、UV防御率がほどほどで、スッピンに見えるようなBBクリームを使います。
 

長時間メイク持ちをさせるには、肌に優しいことが大事

長時間メイク持ちをさせるには、土台の肌が生き生きしていることが大切です。
ピーンと張りつめた瑞々しい肌であれば、メイクは直ぐに剥がれることはなく、ピッタリと密着しています。

BBクリームだけの密着力に頼っていても、土台の肌が乾いていたら、BBクリームも乾いて剥がれていきます。
逆に、皮脂過剰でベトベトしていたら、BBクリームも流れてしまうのです。

生まれながらの肌質を変えることはできませんが、日中の肌負担を最小限にして、保湿をし続けていれば、コンディションを良い状態に保つことができます。
保湿感を保つことで、乾きがちな肌だけでなく、皮脂さえも抑えることが可能になるのです。
水の入った透明なカップ
 

紫紺乃米 フットカバーBBクリームを紹介します

コメヌカを配合した、紫紺乃米フィット&カバーBBクリームを使いました。
お米のアミノ酸やビタミンBを含む米ぬかは、昔から、女性がスキンケアとして使っていたものです。
タール系色素、鉱物油、香料、パラペンを使っていないので、長時間つけていても楽そうです。

また、米ぬかと一緒に、スーパーヒアルロン酸やアテロコラーゲンといった保湿成分を入れ込んで、保湿重視のBBクリームです。

私は、超がつくほど乾燥肌で、通勤時間に紫外線に当たり事務所の空調にあたり続けると、半日と持たずに化粧崩れを起こします。
BBクリームは乾き、ボロボロと剥がれていきます。
毛穴は開き、BBクリームが毛穴の中に入りこんでしまう毛穴落ちに悩まされていました。

ところが、ちょっと見てください!別人かと思うほど、柔らかくてふっくらな手に思えませんか?
下記の写真は、広告ですが『期待できるかも?』と考えたのです。
↓ ↓ ↓

 

紫紺乃米 フットカバーBBクリームのカバー力は

私も、実際つけてみたんです。
紫紺乃米フットカバー&BBクリーム

ちょっと、クリームファンデかなと思うくらい分厚く感じましたが、良く伸びて仕上がりはふっくら感です。
シミも毛穴も、すっかりカバーされて、これは重いかもと思いましたが、予想外に軽く楽です。

魔のお昼は、しっとり感が持続して、お化粧直しの心配もありません。
夕方以降は少し乾きが気になりましたが、下地や日中の保湿に気を配れば、しっとり感を持続させることができました。
紫紺乃米フットカバー&BBクリーム

結構、気になるしみやしわを隠したいばかりに厚く塗ってしまいましたが、それを感じさせないものがあります。
肌の皮脂と馴染み、ぴったりと肌に密着するために、厚化粧に見えません。

ちょっと下記の写真を見てください。
上がフットカバーをつける前のスッピンの状態で、下がつけた後です。なかなかよく隠れていますね。
BBクリームつけるまえ

BBクリームつけた後

もともと、米ぬかは女性の味方をしてくれるも。
たっぷりとした水分量で、肌を包み込んでいるので、乾燥したりシワやたるみをしっかりと抑えてくれているのでしょう。
仕上がり感は、幾分若め過ぎるきらいもあります。
40代ぐらいまでなら、きっと満足すると考えます。

紫紺乃米 フットカバーBBクリームの保湿力は

かなり冬の空っ風の強い日から使いはじめましたが、強い風の日でも、暖房がガンガン聞いている時でも、乾かないことに気づきました。
しかもとっても楽ちんです。
潤いの持続力もあるようで、私の場合冬は乾燥で肌がどんよりしてしまうのですが、クスミが気にならなかったので、これは保湿用だわと自分で決めてしまいました。
紫紺乃米フットカバー&BBクリーム

使用しているお米が強いお米を使っている

フィットカバーのもう一つの魅力は、黒いお米である紫黒米に含まれるアントシアニンです。
アントシアニンはポリフェノールの一種で、植物が紫外線から守るために持っている抗酸化力です。

紫紺乃米フットカバーBBクリームには、SPF30、PA++で紫外線からガードする機能も持っていますが、紫外線に負けないようにしてくれるようです。
紫外線の影響を受けてしまっっても、肌老化の予防になりそうですね。

お米を使った保湿、お米を使ったエイジングケアをしながら、化粧持ちを良いBBクリームは、日本人だから特にひいきにしたくなります。
紫紺乃米フットカバー&BBクリーム
【紫紺乃米】国産BBクリーム「FIT&COVER BB CREAM」

【関連情報】 保湿力でbbクリームを選ぶなら、紫紺乃米で仕上がり感を楽しんで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください