肌炎症をストップ!肌老化の進行を抑えるBBクリームとは

   2015/04/12

日中受ける肌へ刺激が、微弱炎症を引き起こし、肌老化に繋がる

BBクリームを、肌炎症を抑えて抗老化対策で選ぶなんて、昨年までは考えてもいませんでした。
アヤナスBBクリーム
 

BBクリームの私の従来の評価基準はこんなところ

肌のトラブルを全てカバーしてくれて、ランチの後もメイクが崩れていなければ、まぁまぁ満足。
夕方まで、しっとりと潤い肌が保てて、クスミが生じていなければ、大満足。
帰宅後メイクを落とした時、カサツキも疲れも感じなかったら、表彰状ものよって考えていたのです。
 

肌老化は、年を追うごとに早くなる?

年々、シミが増え、肌がくすみ始めて汚いなぁ~と自分でも思うようになると、私をブスにさせている犯人は、外部刺激だって気がついたのです。

紫外線の日焼けやシミも気にならないことはないけど、屋外でそれほど過ごすことも少なくなってきた年頃、紫外線だけが、こんなにくすませている訳ではありません。
年齢と共に肌が乾燥すると、段々外部の刺激に肌は弱くなってきます。
敏感肌の体質でなくても、感じるのです。

敏感肌の方なら尚更、受けているダメージは年々強く感じてくるわけです。
外部の刺激を強く感じることにより、肌老化の原因であるシミもシワになります。

つまり、乾燥肌や敏感肌の人は、そうでない人より早くシミやシワを作る可能性が高いのです。
そりゃ、あってはならない、恐ろしい話だと思いませんか?
パールのネックレス
 

外部刺激は、あらゆる場面にある

紫外線を受けた時、化粧品の刺激、ストレスや疲れを体の中から感じた時に、肌はダメージを受けます。

つまり、ランチのために屋外に出た時は紫外線で肌ダメージを受けます。
頑固な上司に状況を説明しなくてはならない時は、ストレスで肌ダメージとなります。

就寝時だけ、クリームをたっぷり塗って休めたとしても、日中の肌ダメージは戻ってきません。
そう考えると、敏感肌用のBBクリームなら、日中の肌ダメージから守ってくれそうです。

特に、衰えが気になる年齢肌だと、夜のスキンケアの質よりも日中の肌ダメージとなります。
アヤナスBBクリーム
 

敏感肌用のBBクリームを使ってみました

敏感肌用の『アヤナス AS BBクリーム』を、縁あって頂ける機会があり、使ってみることにしました。
真珠1粒くらいの量で、本当に良く伸びます。 アヤナス使用量
 
敏感肌を前面に出していたこともあり、それほど、カバー力には期待はありませんでしたが、つけてみると、やわらかくふんわりとした肌を作ってくれます。
凸凹の毛穴も、BBクリームの粒子が入り込んでいるにもかかわらず、それを意識させること無く、ふんわり感だけが伝わる印象です。

かなり薄くつけたこともありますが、濃いシミはさすがに、わかりました。
でも、従来対応していなかった黄ぐすみの対応がされているためか、不自然ではない肌本来の明るさが出ています。

カバーすることだけでなく、肌の質感も綺麗に見せています。
アヤナスBBクリーム
 
メイク崩れもほとんどせず、薄いベールをまとっていることは、肌を触ってみなくては分からないほど、軽いつけ心地で過ごせました。
何よりも、BBクリームを落とした後の夕方くすみが消えていることが、驚きです。

帰宅後にビタミンCや、フェイスシートで必死になってケアすることに加えて、低刺激なBBクリームも大切ですよね。

ポーラ・オルビスグループ decencia BBクリームサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*