冬のファンデーションの選び方

   2015/04/11

保湿に重点をあて、肌のくすみをチェックを怠らない

外気が乾燥し、背筋も思わず縮こまってしまう寒い冬は、肌も同じように乾燥して縮こまっているのです。
乾いた外気が肌をこする季節は、オーバーで襟を立てマフラーで思わず、顔を覆ってしまうものです。

使うファンデーションで少しでも、乾燥を和らげたいと考えるのは、普通ですよね。
雪だるま

 

保湿力、美容液成分配合のファンデを検討

外気が乾いているだけでなく、室内に入っても暖房で、またもや乾燥させてしまいます。
昨今は、ファンデーションの上から保湿できる乳液やクリームもあり、サラサラの化粧水の入ったミストよりこちらの方をおすすめします。
ミストは、水が蒸発する時に肌水分も同時に奪ってしまいます。

また、乾燥する季節は、美容成分をたっぷり配合した美容液ファンデが、やはり重宝します。
朝、コットンパックなどを行った後、使えば夕方まで潤い感が持続するものもあり、乾燥具合に合わせて選んでいきたいものです。

 

光を味方にした、フィニシングパウダーでカバー

どうしても夕方まで潤いが持たない場合は、粉をふいたり、毛穴が陥没して毛穴落ちになったりすることもあります。
夏より凸凹感が目立つのも、冬の悩みとなります。

夕方の化粧崩れが気になるなら、水分の多いファンデを厚塗りをするのは、極力避けます。
ルールパウダーやプレストパウダーの光拡散効果のあるものを持っておくと、お化粧直しで重宝します。

最近は、粉系でありながら美容成分や保湿力を持っているので、すっかりカサカサになった肌をファンデの上から保湿しつつ、粉で気になるところを密着カバーさせていくのが、最適手段ですね。

 

乾燥くすみか、血行くすみかで対応を変える

冬に気になるのは、乾燥くすみ。
毛穴も開いて黒ずんでいることが加わると悲しくなります。

秋のファンデーション選びでも書きましたが、コントローラーを使って肌色の補整を行うと、明るい透明肌を取り戻すことが可能です。
コントローラーになれていない、何色をつかったら自分の肌に合うのか分からないなら、お店でサンプルを貰って試してみると分かってきます。

また、色のついていないパールとラメ入ったものを使えば、華やかなツヤ肌を作ることが可能です。

冬のくすみの原因は乾燥だけでなく、代謝が衰え血行が悪くてくすんでしまうことあります。
血の気を失った青白い顔に、青や黄色の色ムラ対策用のコントローラーはいけません。
逆に青白くなります。

ピンク系の下地で、健康肌を取り戻してください。
パールのネックレス

 

乾燥ニキビ

なんと、冬は夏の次に湿疹で悩まれている方が多いようです。
ストレス社会と言われた職場に働く女性は、乾燥ニキビもできやすくなります。

寒くて外出や運動を控えているのに、忘年会やクリスマス、新年会とイベントが重なる季節でもあります。
代謝も低い時期に、ニキビは作りたくありません。
ニキビは、内臓のコンディションと関係しているために、食べすぎには充分注意したいところです。

乾燥ニキビができたら、毛穴を塞がないパウダリ―ファンデーションで、保湿力のあるものを選び、気になるニキビはコンシーラーでさりげなく隠すのが良いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*