混合肌ファンデーションの選び方

   2015/04/10

パウダリ―ファンデなのに、リキッドのようなツヤ肌に

表面は脂分が多いのに肌内部は、水分不足の混合肌の場合は、最近流行りのリキッドのようなパウダリ―ファンデーションでしょう。
パウダーの中に美容成分を配合して、しっとりと保湿を実感できますし、化粧ノリもツヤ肌仕上げになるものも増えています。

粉であれば過剰な皮脂も吸着して、リキッドに比べて、ベト付くこともありません。

花のキャンドルとチューリップ

 

皮脂は多いけど、大きく崩れないならパウダリ―ファンデ

テカリやべたつきは気になるものの、ファンデが流れたりよれたりまではいかない場合は、パウダリ―ファンデーションが良いと思います。

エクスポーテのビジョンファンデーション リッチクリームパクトは、78種類もの美容成分を配合して、メイク中もスキンケア効果を実感することができます。
ストレッチ機能で、ピンとしたはり肌になりながら、毛穴やシミのカバー力もしっかりあるところでとり上げてみました。

 

かなり皮脂崩れがあるならミネラルファンデーション

テカリやべたつきに加えて、皮脂崩れも酷い場合は、ミネラルがお化粧直ししやすくて良いでしょう。

おすすめはエトヴォスのマットスムースミネラルファンデーションで、石鹸洗顔で落とせるところが良いと考えました。
粉の粒子は細かいために毛穴の凸凹にふんわりとなじみ、毛穴レスの陶器肌にしてくれます。

また日本人の乾燥肌に合わせて作られた、ミネラルファンデもあります。
当サイトでも、こちらで紹介しているレイチェルワインです。

 

カバー力重視でリキッドを使いたいと考えるなら

混合肌の場合は、毛穴の黒ずみなどの肌トラブルも深刻です。
シミなどの悩みもあれば、やはりカバー力重視と行きたいところです。

皮脂でのメイク崩れを防いで、保湿効果が高いファンデとなると、ドクターシーラボのBBパーフェクトクリームエンリッチソフトとなります。

美容液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーションをこなすBBクリームでありながら、ふっくらとした保湿感を実感します。
しかも、汗、水に強いウォータープルーフタイプなので、心強そうですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください