夏のファンデーションの選び方

   2015/04/11

夏のベースメイクは、皮脂抑制と保湿です

皮脂も汗も沢山でる夏肌は、トラブルで一杯です。
一見、皮脂と汗で、肌は潤っているように感じていますが、実は乾燥している場合が多いのです。
外気から守っている角層も、皮脂や汗で緩み、必要以上に剥がれますので、バリア機能も低下しています。
テーブルの上のヒマワリ

 

夏は冬の次に乾燥肌になる

夏の乾燥肌対策には、日中保湿が可能なクリームなどあります。
小瓶に化粧水を入れておいて、日中メイクの上から、コットンやティッシュで押さえる方法も有効です。
メイクのテカリもこの方法で、抑えることができます。

乾燥すると毛穴は開き、目立ってきます。
開いた毛穴には、絶えず分泌される皮脂や汗が入り込み、メイクもたっぷりと入りこんでいきます。

毛穴落ちが気になる季節でもあります。
毛穴に詰まった皮脂などの不要物は、強い紫外線に照らされ黒ずみが目立つのも夏です。

 

皮脂を抑制させるのが先決

弱ったバリア機能に汗の刺激が加わって、肌荒れや湿疹に悩まされることもあります。
まずは、悪の元凶である皮脂や汗を、抑えることから考えてください。

過剰な皮脂を抑える下地クリームが、登場しています。
乾燥肌なら、皮脂抑制と保湿力のバランスを加味しながら、保湿力の高い下地クリームを吟味してください。

油分・水分を含むリキッドやクリームは、顔の上の油分を増やすだけなので、超薄づけを心がけます。
どうしてもカバーしたい部分などに、限定的に塗る等の方法も採用してください。

好ましいのは、皮脂を抑える粉系(パウダリ―)のファンデを使い、粉が皮脂や汗を吸着し、逆にツヤ肌にすることです。

化粧直しは油取り紙が、使い捨てで素早く行えるので便利ですが、緩んだバリアをはがしていきます。
肌を守る皮脂までも、取り除いてしまうのではと、不安になります。

ゆっくり休めるお昼休みは、パフを使って汗や皮脂を吸着させる方法で、皮脂を優しく取り除きます。
使用するパフは、清潔な部分を抑えるようにして肌につけて、化粧を崩さないように気をつけます。

パフを頻繁に洗うのが面倒であれば、100キンのもので敏感肌でも使えるパフが、徳用で売っています。
安くても、紙よりは刺激は少ないはずです。
パフを洗うという方も、100キンでパフ・スポンジ専用洗剤がありますので、利用してみてください。

パフで整えた後、フィッシングパウダー(フェイスパウダー)などで、ふわっと化粧直しをしてみると、意外と綺麗に仕上げることができますよ。
ファンデーションとパフ

 

夏の肌荒れや湿疹、ニキビの時のメイクはどうする

汗による湿疹や、皮脂過剰によるニキビができてしまったら、メイクはストップするのが基本です。

お勤めなどで、どうしてもと言うなら、ミネラルファンデーションを使います。
ミネラルファンデーションは、つけている時毛穴を塞がないことと、石鹸で洗い流せるので、乾燥肌を進行させることがありません。
あっ、夏ニキビが治らない原因は、乾燥ですので、洗顔時の刺激にはくれずれも注意してください。

シミやしわ等のアラは、コンシーラーやハイライターを駆使して、出来るだけ肌負担を減らしていきます。
ハイライターは、光散乱効果を利用していますので、かなり味方になるはずです。
ルースパウダー

夏の強い紫外線は、肌荒れ、湿疹、ニキビを悪化させます。

UV対策と同時行うべきは、保湿ケアとなります。
日焼けする前から継続的に、コットンパックやフェイスパックを行ってくださいね。

ニキビでなかったら、保湿力のあるファンデーションや美容液配合のファンデーションを、選ぶのも一つの方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください