リフトアップ力をつけるファンデーション

 

望みは、何年後もリフトアップが実感できること

リフトアップファンデーションに何を期待するでしょうか?
とりあえず、今日だけきりりと引き締まった顔であれば良いと考えている人は、いないはずです。

瞬間のリフトアップから、もう一段ステップアップしたファンデーション選びをしてみませんか?

今も未来もリフトアップをと考えている方におススメなのは、リペアファンデーションです。
潤いでキュッと肌を引き締め、アミノ酸生命体とビタミンC生命体で未来のリフトアップも叶います。
成長する植物

 

リフトアップファンデーションの選び方

今日も明日も、1ヵ月後も、1年後も、そのリフトアップファンデーションをつければ、キュッとフェイスラインが引き締まることを期待しているはずです。

ただ、ファンデーションだけに、リフトアップを期待して選ぶと、即効性はあったけど続かなかった結果もあります。

常に肌密度をあげると、たるみ毛穴が引き締まり、自然にリフトアップになります。

乾燥していたり、アレルギーを起こしていたり、疲れていたり、栄養不足の肌の状態では、リフトアップを保ち続けることは1日だって無理です。

未来もリフトアップをと望むなら、ファンデーション選びで大切なのは、下記に書いたように『安全性』『栄養を補う』『保湿持続力』となります。

安全性をもとめるなら

合成ポリマーは、つけている時、潤い感を実感し滑らかな状態になりますが、使い続ける事で新陳代謝を損なっていく性質があります。
一時的な引き締め感があっても、後が続かないのが、ファンデーションに配合されている合成ポリマーやシリコンとなります。

ファンデーションは水と油が溶け合うことが条件ですが、そのために合成界面活性剤は必要です。
合成界面活性剤は、大豆のサポニンやダイズのレシチン等の植物からでも作れる事ができますので、石油系界面活性剤を使用していないこともポイントです。

また、防腐剤として使われるメチルパラベンは、メラニンを増やし角質層を破壊する働きがあるとリソウの機関誌で読みました。

肌の勢いを削がない、最高潮にするには、安全性の高い成分を配合している事が大切となります。

リペアファンデーションは、ファンデーションに必要な機能を全て、天然成分で作られています。

失われている栄養を補う

年齢による肌老化はやむを得ない事です。
ただ、栄養を補う事で進行を抑え、引き締め感を作り出すこともできます。

スキンケアでマイナス肌を目指すというのは、矛盾していると考えますが、昨今の女性は年々綺麗になり、実現可能な時代になっています。

肌の主成分はタンパク質。
タンパク質をつけても浸透しないので、タンパク質を分解したアミノ酸が使われています。

肌の土台、弾力成分であるコラーゲンも、元はアミノ酸です。
コラーゲンをサポートするビタミンCを同時に配合することで、コラーゲン産生を促し、弾力を補う事が可能になります。

リソウの独自成分であるアミノ酸生命体とビタミンC生命体は、シワにも効果があるとして医学雑誌などにも掲載されています。

保湿持続力を持つ

日中に、肌にダメージを与えるものの中には、紫外線や乾いた空気、空気中の雑菌、気温などもあります。
対策の打ちようのないストレスもその一つです。

受けたダメージを最小限にし、ダメージを溜め込まない肌にするためには、保湿力となります。
潤った肌は、肌バリア機能を強化し、紫外線や細菌の侵入を妨害します。

例え侵入を許したとしても、潤いがダメージを和らげてくれます。
保湿を重視したファンデは、日中の刺激から守りダメージを受けにくい肌を作ります。

リペアファンデーションには、ビタミンCが配合されているので、抗酸化力も加わり、さらに楽なのです。

毎日、ダメージを溜め込まないファンデを使い続ける事で、肌密度を高め未来のリフトアップの繋がります。

リペアファンデーションのレビュー記事はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください