石鹸で落とせるファンデーションで洗顔時の肌負担をゼロに

   2015/04/12

石鹸でメイクオフを考えるならミネラルファンデよね

ミネラルファンデーションの魅力は、石鹸で落とせることが何よりも魅力です。
リキッドやクリームのようにUVケア効果の高いものは、やはり洗顔も念入りにと力が入ってしまいます。

特に水分も脂分も多いリキッドを、クレンジングですっかりと包み込もうとすると、ゴシゴシこすったりして肌にダメージを与えてしまうことも時々あります。
洗顔ケアが失敗しているかどうかなんて、多くの場合、直ぐには気がつきませんよね。

メイク落としの時間は、入浴前後であることが多いので、湿度が高い浴室か浴室の側の洗面台を利用しています。
カサツキなんて、感じられない環境です。

毎日洗顔時に奪われていく水分が積み重なっていくうちに、ある日、小ジワができたり、肌が硬くなって気がつくのです。
『あれ~っ、年取っちゃったかなぁ~』ってね。
洗顔石鹸、洗顔ネット、アロマオイル

ミネラルファンデーションを使わない理由

ミネラルファンデを使用しない多くの理由は、やはりカバー力、すぐ取れる、密着度が低いといった理由からです。
屋外で過ごすことが多い人や、営業職の方はUV効果が、低いことも使わない理由になっていると考えます。

ただ、自らの皮脂と上手に馴染ませて、コンシーラー等のアイテムを組みあせていけば、カバー力を上げることができます。
化粧崩れに関しても、比較的長持ちすると評判がいいのは、ベアミネラルファンデーション。

ベアミネラルトライアルキット

ベアミネラルの中でも、マットタイプのファンデーションは、評判が良かったりします。
マットタイプを使わなくても、ミネラルベール(フィニッシングパウダー)と、ファンデーションを交互に重ね付けしておけば、テカリを抑えることができて、ほぼ崩れません。

ベアミネラルは、密着度を上げるために専用の下地クリームがあります。
シミや気になるトラブルを隠すコンシーラーファンデーションのミネラルベールを、組み合わせていくことで、素肌感を保ちながらカバー力を上げていくことも可能なのです。

中嶋マコトさんのベアミネラルファンデの口コミを見ましたが、筆に粉を馴染ませる時の圧を加えることで、肌馴染みが違ってくると書かれていました。
中嶋マコトさんは、実際カウンタまで足を運んで、美容院さんにミネラルファンデの取り扱いを、教えてもらったそうです。

それができない人は、自分で何度か試して、ギュッと粉を潰してみましょう。
圧を加えた粉は、クリームファンデのようにしっとり感がでます。

肌負担が少ない分、素肌を大切にできる

ミネラルファンデーションは、石油由来界面活性剤などを使っていない分、肌負担が低いのは事実です。
リキッドやクリームと全く同じ、化粧持ちこだわるなら、ベアミネラルかもと思います。

現在、初回お試しセットで、ベアミネラルを理解できるアイテムをセットにして販売しています。

 ベアミネラル ビューティ コレクション(通販限定セット)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください